フェンダーギターコレクション 憧れのギターが今ここに

フェンダーギターコレクション 憧れのギターが今ここに
ギターといえばフェンダーのストラトキャスターとテレキャスター
ベースでいえばフェンダーのプレシジョン・ベースとジャズ・ベースと数々の名器を生んでいます。
レオ・フェンダー (Leo Fender) によって1940年代に創業された楽器メーカーがギターのフェンダー (Fender Musical Instruments Corporation) です。
フェンダーでは、主にエレクトリックギターの製造を中心に行っています。
フェンダーの創始者のレオ・フェンダーは1945年、ドク・コフマンと共にK&Fマニュファクチュアリングを設立しました。
そこで、スティール・ギターとアンプの製造を開始しました。
しかし1946年ドク・コフマンとの共同経営は解消し、1947年社名をフェンダー・エレクトリック・インストゥルメント・カンパニーに改名しています。
それまでも、エレクトリックギターは、1920年代後半からいろいろな製造業者によって作られていたのですが、それらのほとんどのギターは胴体の部分が中空のホロー・ボディ (hollow-body) と呼ばれる構造でした。
また、ギター構造がソリッド・ボディ (胴体部が中空でない構造) であっても、リッケンバッカー社のハワイアン・ギターのように特別なギタリスト用のものだったり、ポール・ビグスビー製作の通称ビグスビーギターのように、全ての行程でオーダーメイドであったりしたため、量産型のソリッドボディのエレクトリックギターは存在していませんでした。
レス・ポールも、当時ソリッドボディのギターの開発を進めていたのですが、ギブソン社からレスポールモデルが発売されたのは1952年になります。
フェンダーは、1949年ソリッドボディのエレクトリックギターエスクワイヤー (Esquire) を発表します。1950年には、フェンダーのブロードキャスター (Broadcaster) を発表します。
1951年には、グレッチ社のドラムにスペルこそ違いましたが、すでに同名の商標(Gretsch社はBroadkaster)があったために、フェンダーのブロードキャスターをテレキャスター (Telecaster) に改称しました。
対応を迫られたフェンダー社では、極々短い期間でしたが、ヘッドのデカールのモデル名を切り取って販売を続けました。
これが俗に言う「ノーキャスター」と呼ばれているタイプになります。
ですから、実質的にはテレキャスターが世界初の量産型のソリッドボディエレクトリックギターといえるでしょう。
フェンダーは、1951年世界初のエレクトリックベースであるプレシジョンベース (PrecisionBass) を公開発表して世にデビューさせました。
フェンダーは、このギターに正確な音程を得る事ができる要に考えたフレットを採用しています。
このようなプレシジョンベースは当時としては革命的なことでした。
そして、1954年にはストラトキャスター (Stratocaster) を発表。
その後も1958年にジャズマスター (Jazzmaster) 、1960年にはジャズベース (JazzBass) 、1961年に当時の最高級機種であるジャガー (Jaguar) を続々世に誕生させています。
そして、現在も多くのミュージシャンに愛用されている名器、フェンダーギターを生み出しています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク