初心者がギターを選ぶ時に絶対にやってはいけない5つのこと

初心者がギターを選ぶのは、結構大変ですよね。
どうやって選ぼうか迷ってしまいます。
どんなギターが良いのかもわからなかったり…。

前記事で「初心者がギターを選ぶ時のコツ」をご紹介しましたが、この記事では、反対に初心者がギターを選ぶ時にやってはいけないことを5つ紹介したいと思います。

初心者がギターを選ぶ時にやってはいけないこと

では、初心者がギターを選ぶ時にやってはいけない5つをご紹介させて頂きますね。

  • 自分が弾きたいギターを間違えない
  • 高すぎるギターは買わない
  • 見た目が悪いギターは買わない
  • オークションなどで中古は買わない
  • 実際にギターを見ないで買わない

自分が弾きたいギターを間違えない

自分が弾きたいのは、どんなギターでしょう?

例えば
クラッシックなのか?
フォークなのか?
ロックなのか?
ジャズなのか?

みたいな感じですね。

これが決まらないことには、どんなギターを選んでいいのかも分かりませんよね。

もし、クラシックやフラメンコなどを弾きたいと言うのであれば、ガットギターでしょうし、フォークをやりたいんだと言うのであれば、アコースティックギターですね。

そして、ロックをやりたいと言うのであれば、エレキギターになるでしょうし。

自分が将来的に、これをやりたい!
と言うものをまず決めなければいけません。

僕なんかは、アコースティックギターで弾き語りをしたいので、もちろんアコースティックギターですね^^

エレキギターもおもしろいとは、思うのですが、やっぱり生ギターをやりたいですね。

高すぎるギターは買わない

これは、自分がギターをどれだけ真剣にやろうかと思う気持ちと、ギターに使えるお金がどれくらいあるのかによって違ってくるのだと思いますが、初心者で何十万もするギターを購入して、もしキズを付けてしまったら、破損してしまったら…。

僕なら、ショックで寝込むかもしれません。

でも、予算的にギターにお金をたくさんかけられる人であって、破損しても、そんなに気にならないよと言う方であれば、何も問題無いかと思います。

ただ、ギターって弾けるようになってくれば、くるほど、また別なギターが欲しくなってくるものだと思います。

実際に僕、まだ弾けもしないのに、毎日ヤフーオークションで出物を狙ってます(汗)

僕は、安物でも構わないですし、多少キズがあってもあまり気にならないタイプなので、できるだけ安く良いものを手に入れたいですね。

でも、マーチンのD-45は憧れます。

先ずは、自分のギターに対する気持ちを確かめてください。
そして、今使えるお金を考えて予算を決めてください。

予算が決まれば、どれくらいのギターが買えるのかの情報をネットでもたくさん拾えると思います。

YouTubeなどでも音色が確認出来る事もあります。
実際には、楽器屋さんに行ってギターを眺めてくるだけでも良いと思います。

見た目が悪いギターは買わない

これって凄く大事な事だと思うんですよ。
見た目が気に入っていれば、毎日触りたいなと思うでしょうし、気に入らなければ、あまり興味も持たなくなるんじゃないかと思います。

僕は、少なくともそうです。
ギターに限らず、車でも万年筆でもそうですね。

あまり気に入ってないと、すぐに飽きちゃいます。

なので、見た目が悪いギターは、あまりオススメ出来ません。

オークションなどで中古は買わない

これって、何となく分かって頂けると思うのですが…。
どんなものが届くのかわからないというのが、正直なところですよね。

僕の購入した物も、キズ物でした…。
新品だったんですけどね。

でも、そんなに気にならなくて、値段的にも安かったので、返品もしませんでした。

中古なら、キズはもちろんの事、不具合もあるかもしれません。
それに保証もないです。

もし、中古で購入して、自分でメンテナンスができるのであれば、また別ですけれどね。初心者がリペアなんてとても無理だと思います。

僕は、無理です(汗)

中古で購入するのであれば、専門店で購入されるのが良いと思います。
メンテナンスもきちんとされて販売していると思いますし、お店によっては、保証を付けてくれるところもあります。

最初は、楽器店で新品を購入されることをお勧めします。

実際にギターを見ないで買わない

これは、見た目の項目と被るんですが…。
やはり、実際に見て触って、そして弾いてみて音色を確かめるのが一番だと思います。

きっとお店に行って、色々と見ている内に、コレってものがきっと見つかると思うんです。

そして、やっぱりギターの音色って大事じゃないですか。
初心者の内は、まだよくわからないかもしれませんが、自分好みの音って絶対にあると思うんですよ。

それで見た目にも、問題がなければ、それを購入すれば良いと思います。

もし、弾くことができないのであれば、店員さんに正直に話して、相談に乗ってもらえば良いと思います。そして、店員さんに弾いてもらって、店員さんと一緒に音色を確かめればいいですよね。

店員さんと仲良くなったら、きっと良いことがあると思いますよ^^

自分の1本が、ぜひ、見つかりますように…。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク