一般社会人のギターの練習時間ってどのくらいしてるのか?

学生時代ならまだしも、社会人になるといろいろと時間の制約を受けますよね。

一番は、仕事。
そして、仕事関係の人やお友達とのお付き合い。

結婚して、家族ができると家族サービス…。

仕事にも色々あって、制約される時間もそれぞれ違いますよね。

営業職と工場勤務であれば、それも、また時間が違ってくると思いますし、会社の規模、自分の立場によってもまた変わってくると思います。

そんな中で、ギターの練習時間を、社会人の皆さんはどのくらいの時間とっているのでしょう?

ちょっとその辺を見ていきましょう。

社会人がギターの練習時間に割ける時間

一般的に社会人がギターに割ける練習時間は、自分の置かれている状況によって様々だと思います。

人によっては、定時に帰れる人もいるでしょう。
定時に帰れて、また独身の方であれば、あまり時間的な制約もないので、ギターの練習時間はたくさん取れると思います。

その反対に、定時にも帰れず、残業ばかりの仕事に就いている方であれば、ギターを触るのだけで手一杯と言う人も…。

なので一概には、ギターを練習する時間は何時間とか、言えないと思いますが、ギターを練習する平均的な時間は、だいたい1~2時間と言う方が多いみたいです。

僕が直接アンケートを取った訳ではないので、真意は定かではありません(汗)

社会人で時間のないあなたに…

とにかく毎日ギターを触りましょう。
と僕のような初心者が言っても、あまり説得力はありませんね(汗)

でも、思うんですよ。
どんなに短い時間でも、ギターに触れて、愛おしさを感じてつま弾いているだけでも違うって…。

だから、僕も、5分でも15分でも、ちょっとした時間を見つけては、触っています。
また、それが楽しい。

家の中で、今はおもいっきりストロークが出来ないので上達の頻度も遅いですが、そのぶん、少しアルペジオが出来るようになりました。スリーフィンガーは、まだ無理です。正しく弦が弾けているのかもわかりません。

コードも少しずつ覚えています。
5分や15分では、時間が限られますが、コードを覚える事は、ギターが手元になくても練習できますよね。

僕もギターが側にないときは、右手をネックに見立てて、コードを追う練習をしています。まあ実際に弦を押さえた感覚とは違うので、きちんと押さえられているのかは、疑問ですが…。

自己満足の世界ですね。
やらないよりは、やった方が、みたいな感じです。

右手のストロークもピックをいつも持ち歩いてます。
僕、ピックの持ち方ヘンな癖が付いちゃってるみたいで、その修復に結構難儀しています。

社会人で1~2時間程度しか練習時間を取れないあなたに…

先輩方によると、曲を弾くことも大事ですが、基礎練習を中心にやった方が良いかもと言う意見が多かったですね。

特にエレキギターをやる人の場合は、左手の動かし方の基礎練習がすごく大事だよと言ってます。

そして、なによりも先ずは、ギターを楽しむ事が大事。
僕もこれは、賛成ですね。

基本、やっぱり音楽って楽しむものじゃないですか?
僕は、そう思います。

なので、楽しむ事が大切かと、そして、気の乗らないときに練習はしなくても良いんじゃないかとも思います。ただ、触るだけで良しと…。

1日1時間は絶対にギターの練習時間を取るんだと思っていても、仕事で疲れて帰ってきてヘトヘト、本当はもうバタン・キューって感じなのに、そこからギターの練習をと思っても、なかなか難しいのではないでしょうか?

楽しみと言うよりも、完全に義務となってしまって、嫌になりますよね。
嫌になったり気が重たくなってしまえば、ギターを楽しむどころじゃなくなってしまいます。

反対に嫌いになってしまうことになるかもしれません。
これでは本末転倒です。

休むときは休む。
これも大事ではないでしょうか?

僕は、ギターを見たり触ったりすることで、癒される部分もあるので、必ず毎日触れています。ギターを磨いたり、軽くつま弾いたり、コードを押さえる練習をしたり…。

今は、見るだけで触りたくなっちゃいます。

まあ、始めたばかりと言うこともあるんですがね…。

ちょっと参考になるかどうか、分かりませんが…。
何か参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク