ギター練習に最適なスマホアプリを紹介します

ギターの練習は進んでますか?
僕は、なんとか毎日ギターに触ることができています。

今日は、久しぶり、いや初めてかもしれません。
おもいっきり、ジャカジャカとストロークで弾き語りました!

弾き語るまでは、いきませんでしたが、ストロークってこうなんだなと、言うことが分かったような気がします。

なんでもそうですが、遠慮がちにやると上手くいかないみたいです。

今日は、ギターを練習するときにあったら、便利なスマホアプリをご紹介させて頂きますね。

ギターの練習に欠かせないスマホアプリ

ギターの練習をするときにあった方が良いものと言うよりも、なければ困るものがあります。

チューナー

それは、チューナーですね。
まあ、音叉とかピッチパイプがあれば、それでチューニングはできます。
昔は、この2つしかありませんでしたし…。

ですが、今はチューナーが一般的ですね。

チューナーにも種類があって、ギター自体の振動で音程を感知するタイプのクリップ式、ケーブルを繋ぐ、または内蔵マイクで音を拾うタイプのもの、音に対する反応と精度が非常に良いものにストロボ式と呼ばれるものもあります。

今、人気があって、精度もある程度良いのがクリップ式かもしれませんね。
YouTubeの動画で弾き語りをしている方達を見ていると、この形式のチューナーを使っている方が多いです。

僕も今度ひとつ買います。
安いですしね。

他にも、アナログ針式チューナー、フットペダルチューナー、ステージチューナー、ラックマウントチューナー、クロマチックチューナーなどがあります。

ここでは、スマホアプリの紹介ですので、もし他のチューナーにご興味があれば、ググってみて下さいね。

チューナーのアプリですが、これもAndroid版とiphone版とあるのでしょうが、僕はスマホがiphoneなので、Andoroido版はちょっとわかりません。

チューナーのアプリは、色々使ってみたんですが、結構精度に差があるんですね。
今は2つほどのアプリを中心に使っています。

名前を「Guitar Tuner」と言うものと、「GuitarTuna」紛らわしいですけれど、別物です。

Guitar Tuner は、精度も良いですし、ギターの音をそのまま拾ってくれます。多少の雑音があっても大丈夫な感じですね。

それに音叉も付いてます。色々な音を出せるので、自分の耳を鍛えるのにも役に立つと思います。

またチューニングの幅が広いので、クロマチックチューナーの変わりにもなります。

GuitarTunaの方は、細かい調節が利きますし、精度も高いです。
メトロノーム、そしてコード表も付いてます。

これ、重宝します。
それとゲーム形式で、コードも覚えられます。復習できます。

他のを使ってみたんですが、周りの雑音を拾ってしまって、チューニングに一苦労してました。僕の家は、道路っぷちにあるのですが、窓を開けていると、車のタイヤの音をおもいっきり拾います。

スピーカーから音楽が流れていると、それも完璧に拾います。
まあ精度がより高いのでしょうけれど、ギターの音を合わせると言うことを考えると、またそれも考え物で…。

今は、上記2点に収まってます。

メトロノーム

メトロノームも大事ですね。
僕みたいなリズム音痴には、特に必要なものです。

ギターを練習するときに、メトロノームを使ってするのと、使わないで適当に弾くのとは、やっぱり違います。

8ビート、16ビートになってくると特に必要性を感じます。
いつの間にか早くなっていたり、疲れてくると遅くなってきたり、グダグダだったり…。

やはり正しいテンポで、ストロークをする。つま弾く。
これが基本ですよね。

そして、それを体に覚え込ませる。

自転車と一緒かなと言う気がします。
徹底して体に覚え込ませたら、忘れないですよね。

もちろん、年齢なども関係してくると思いますが…。
でも、年齢を言い訳にしていたら、何もできないですものね。

それに定年退職をしてからギターを始められた方も知っています。
趣味の域を出ないのでしょうが、練習が楽しくて仕方ないようですね。

僕も、早くそうなれるように、もっと練習頑張ります。

メトロノームのアプリは、たくさんありますね。
もちろん、こちらも無料で…。

先ほど挙げた GuitarTuna にもメトロノームが付いていますから、他に探さなくても良いかもしれません。

自分でいま、ギターを練習するときに使っているメトロノームは、いくつかあります。

Maelz DX と言うものと Tempo 、Metronome、Soundcorset でしょうか…。
ただ、単にリズムだけを刻むのであれば、Tempo か Metronome を使用します。

刻んだテンポと一緒にギターの音を録音するときは、録音機能の付いてる Soundcorset を使います。これ、結構便利ですよ。自分でテンポ通りにストロークやアルペジオができていると思っていても、実際に録音してみると…。

残念!

ってことが多かったりします。
機械は正直です。

ギター練習に必要な他のスマホアプリ

他にも色々とギターを練習する時に、便利なスマホアプリがあります。

ギターコード表

ギターを練習する上で、ギターのコード表がなければ、初心者の内は、何をして良いのやらまったく分からなかったりします。

このギターのコード表もスマホのアプリとして出てます。

一番、良く使用しているのが、「GuitarChord」 と言うスマホアプリですね。
これだけで、今は用が足りています。

まあ、そんなに難しいコードを弾くわけではないので、初心者の内はこれでも良いのかと思います。

基本と言う事であれば、先に挙げた GuitarTuna にも付いています。
それだけでも事足りると思います。

もっと詳しく沢山のコードが知りたいと言うことでしたら、一部有料になりますが(App内課金があります)、「GChord」というアプリがあります。

これは、有料版にすれば、凄い数のコードを見ることができます。
本当に凄い数です…。

でも、有料分はそんなに使用しないかなと思って、今でも無料版を使用しています。

耳コピ用アプリ

耳コピってよく聞きますよね。
もう何年もギターをやられている方なら、耳コピはCDを聞いたらすぐできると言う方も多いのでしょうね。

初心者の内は、ほとんど使うこともないかと思いますが、一応上げておきますね。
たぶん、将来は役に立つと思います。

「Slow Player」と「CopyPlay」と言う耳コピ用のスマホアプリです。

無料版だとほとんど使えませんけれどね(汗)
有料版にすると、スピードを遅くできたり、そのまま保存ができたり色々とできるようになります。

値段は、まあ600円(Slow Player)とかなんで…。

僕は、まだ今は必要ないかなと思っていますが、どんなものか課金してみようかなとも思っていますが…。

機会があれば、その時にでもまた、改めてご紹介させて頂きます。

以上、簡単ですが
ギター練習時にあったら便利なスマホアプリをご紹介させて頂きました。

何か、参考になったでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク