ジョンレノンのビンテージギターが3億円!?

ヴィンテージギターって良いですよね。

僕もいま、密かに狙っているヴィンテージギターがあります。
なかなか、料金が折り合わなくて、正直断念している状態です。

そうそう、ヴィンテージギターといえば、先日のあるオークションで売れたギターが世界中で話題になりましたよね。
その話題を少し…。

ジョンレノンが残したヴィンテージ・ギター

ちょっと、情報としては、もう古くなってしまいましたが、先日とあるオークションで、ジョン・レノンが使っていたとされるギターが240万ドル、日本円で約3億円の値段で落札されたそうです。

プレミアなのでしょうか?
本当に価値のある値段なのでしょうね。

ヴァイオリンもそうですよね。
本当に価値のあるヴァイオリンは、1億以上なんて当たり前の世界だったりします。

でも、価値って、その人によってそれぞれ違うのも確かです。

このギターを購入された方は、きっと、熱狂的なジョン・レノン、もしくはビートルズのファンか、コレクターなのでしょう。

でも、よほどお金が有り余っていないと、なかなかホイと購入できる金額では、ないですが…。
オークションって一括ですよね(汗)

実はこのギター、1962年のギブソンのJ-160E型と呼ばれるアコースティック・ギター?です。エレアコのような気がしないでもありませんが…。

『抱きしめたい』『シー・ラヴズ・ユー』
知ってるかな?

これらのヒット曲で使用されたアコースティック・ギターなんですね。

でも、実はこのギター、1963年ロンドンでのクリスマスコンサート公演後に、忽然と消えてしまったギターらしいです。

きっと、また熱狂的なファンか関係者が盗んだのでしょう。

50年以上、行方がわからなかったらしいです。

ジョン・レノンが1962年に購入した時の金額が、161ポンド。
今の価格でどれくらいになるのでしょう。

今の161ポンドが、日本円で約3万円程度。
1962年当時の日本のサラリーマンの平均的月収が、約5万円ほどですから、今の金額に換算すると…。

う~~~ん、ちょっと計算できません。
ごめんなさい…。

ヴィンテージ・ギターの価値は?

ヴィンテージギターは、値段があってないようなものですよね。
中古市場でも、値段はピンキリです。

ヤフオクなどでも、新品よりも中古で年代物の方が高価な値段がつくことが結構あったりします。

また、ヴィンテージ・ギターって、乾いたいい音がするんですよね。

僕も前に書いたと思いますけど、ビンテージギターと言うか、年代物のギターを持っています。今、そのままの状態で中古市場に出すと、ジャンク品としてしか受け取ってもらえないと思うのですが、きちんと修理をして、市場に出したら、結構な値段がつくと思います。

当時で5万くらいの商品で、今では、メーカーもありません。

もう、40年近く前のギターですが、音は、新しく買ったギターよりも、絶対にいい!!

と自信を持って言えます。

マーチンとかのヴィンテージって、値段つかない感じですからね。
もちろん、型番によっても違ってきますけど…。

ギブソンのヴィンテージも、そうです。
おいそれと手にすることができない値段が付いていたりします。

そんな価値のある、ヴィンテージものでも、近所のリサイクルショップなどに行くと、数千円の値段しか付けられなかったりしたりもします。

これもやはり価値観の違いなんでしょうね。

実際、このギターも中古店で、約275ドルで購入されたものらしいです。
で、その275ドルが241万ドルですからね…。

ある意味、資産ですよね。

これは、本当にすごい価値観の違いだと思います。
僕も275ドルなら買うけれども、241万ドルであれば、購入は絶対にしません。

あなたの家にも、古いギター眠っていませんか?
もしかすると…^^

あとがき

最近、更新が滞っていました(汗)

特にこれと言った理由はないのですが…。
でも、ギターの練習は、ほんとに亀の歩みですが、続けています。

バレーコード、だいぶ、押さえられるようになりましたよ。

ところで、ギターの弦の交換って、どれくらいでされているのでしょうね。

プロの方であれば、そのコンサートごとに、取り替えるのでしょうが…。

3ヶ月以上取り替えていないせいなのか、ちょっとギターを弾くと、臭いがします。

指にギターの弦の臭いが移るって感じですかね。

まあ良い臭いではありません。

そろそろ弦を取り替えなきゃと思っているのですが、延び延びで…。
悪い癖です。

って、今日のタイトルと全然関係ないお話でしたね。

ジョン・レノンと言えば、ビートルズ。
と言うよりも、僕は、オノ・ヨーコさんを思い浮かべます。

どこに行くのもいつも一緒、仲むつまじい、そんな光景を思い出します。
今頃、オノ・ヨーコさんは、どうされているのでしょう。

最近は、本当にテレビもニュースすらも見ることがなくなったので、いろいろと世間とのずれがあったりします…。

オノ・ヨーコさん、もうお歳は、80歳を超えられていますよね。
寂しかったでしょうね。

ジョン・レノンがあのような死を遂げて、それからずっと独り身で、確か息子さんでしたよね。いや、娘さんもいましたね。

いろいろな活動をされてきました。
同じ日本人として、とても誇りに思っています。

僕も、残りの人生で何かできることがないか、考えてみたいと思います。

それと、ヴィンテージギターを購入できたら^^

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク